【保護猫】ねこ島の湯島で出会い仲良くなった猫との別れがつらくて…

久しぶりに休暇が取れたので長男が暮らしている熊本に来ました。一緒にご飯を食べた後、上天草市へ移動しました。ねこ島に上陸して島の猫と触れ合うためです。

江樋戸(えびと)港から定員50名ほどの連絡船で湯島へ渡るのですが、毎日5往復しかありません。

島内の滞在時間を少しでも長くする予定です。それで朝一番の船に乗るために熊本市内から出発するのではなく、港の近くのホテルから動けるようにします。

翌朝は雨です。連絡船に25分乗り湯島の港に着きました。船から降りると一匹の黒猫が雨に濡れながら走ってきて、私の膝に飛び乗りました。

ニャン、ニャンとカワイイ声で鳴いてスリスリします。足が冷たい思い、猫が離れた後ズボンに足跡が…笑

湯島に上陸して、最初にあいさつに来てくれた猫さんです。可愛い黒猫なので、わが家のあずさを思い出しました。

雨が降っているので、あまり猫を見かけません。少し残念です。

しばらく島内を歩いたのですが、猫は雨宿りをしているのか、ほとんど見かけません。私も雨宿りができる場所を探しました。

一軒の綺麗な建物を見つけました。中には入れないのですが、軒先で雨宿りができそうです。トイレは自由に使えます。

ここで一匹の猫と出会います。キジトラ猫の女の子です。私の横を歩いて付いてきます。

雨をさけてイスに座ると猫がスリスリします。今度は、わが家のそら君を思い出します。

湯島の猫は、島民が大切に世話をしているためか、初めて見る人を警戒しません。とても癒されます。

港の近くのお店で猫のエサを販売してます。売り上げは島猫のために活用されています。小さな協力になって嬉しいです。

ここは湯島の交流施設シーグラスです。海に面した建物はシェアオフィスと移住体験ができる、お試し居住スペースがあります。

私に懐いたキジトラ猫は、他の猫が私にすり寄ると怒って追い払います。ヤキモチを焼いているようで嬉しくなります…笑

とても甘えてくるこの猫をキジちゃんと名付けました。キジちゃんは膝に乗ってきてゴロゴロとのどを鳴らします。甘える仕草はわが家のそら君にそっくりです。

また、他の猫が近づいてきました。キジちゃんがすぐに威嚇しシャーシャー唸って追い払います。

また雨が降り出したので傘をさしました。キジちゃんと雨宿りです。家の外で猫と過ごすのが、こんなに楽しいのは初めての体験です。

雨の旅行になりましたが、むしろ雨が降って良かったです。雨のおかげで、この子と出会ったのですから…

しばらくして、別の猫が来ました。すぐにキジちゃんが猫パンチをします…笑

4月ですが雨が降ると海の近くは少し寒いです。膝の上の猫のぬくもりは嬉しいです。こんなに仲良くなると別れがつらくなります。

既に帰りの船を1便、遅らせています。キジちゃんの寝顔を見ていると立ち去ることができません。

もし、このシェアオフィスで仕事ができたら、一緒に過ごせるのに… そんな事を考えてしまいます。

最終の連絡船の時間が近づいてきました。お別れの時間です。出会ってまだ半日ですが、ずっと前から一緒に暮らしてる気がします。なんとなくキジちゃんも寂しい様子です。

いつまでも私が帰れないので、キジちゃんが離れて行きました。今日は本当にありがとう。湯島に来て良かったよ。癒やされたよ。

いつかまた会いに来るからね、絶対。

湯島の猫の可愛らしさを動画で見て下さい。私もこの動画を見ると、ラストの1分は今も胸がいっぱいになる思いです。

ねこ島を初めて訪れましたが、感激の旅になりました。湯島の猫は本当に甘えん坊でカワイイです。

あきらかに猫と人が信頼関係で結ばれています。また、上天草市は湯島への移住者の受け入れも、力を入れているようです。

シェアオフィスやお試し居住スペースを利用して移住体験できる施設も準備してました。ネットで在宅ワークができる人であれば、新たな人生を迎えられそうですね。

私は熊本の人間ではありませんが、湯島の素晴らしさを多くの人に知ってほしいと、今回のねこ旅で強く思いました。

湯島サイコー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました